Colorado 1650|概要

Colorado 1650

  • 概要
  • 特長
  • 仕様

概要

多様な顧客ニーズへの対応には技術革新による1台当たりの生産性向上が求められています。
“Colorado 1650”は、新開発の「Uvgelテクノロジー」と「FLXfinishテクノロジー」により、高生産性、高画質、幅広いメディア対応を実現しています。

UVgel

既存インク技術の持つ長所を兼ね備えながらも
高画質、高生産性を実現した新開発『UVgel』テクノロジー

UVgelインク

UVgelインク(イメージ) UVgelインクはエコソルベントの広い色域、ラテックスの無臭等の環境性能、UVの高生産性といった長所を併せ持つインクです。さらに今回開発した新インクは柔軟性(最大185%伸張)を高めることで、対応するアプリケーションがさらに広がりました。
また、UVgel 460インクは「GREENGUARD GOLD」認証を取得しています。

ドットゲインコントロール

ドットゲインコントロール(イメージ) インクをジェル化してドットゲインをコントロールすることにより、インク同士の不用意な混合やにじみの発生を抑止して、色の正確性、一貫性、シャープさを保ち高画質を生みだします。

高速印刷プロセス

高速印刷プロセス(イメージ) UVgelインクの特性を活かすため、プリントヘッドとLED硬化ユニットにそれぞれ独立した専用のキャリッジを配置しました。従来のUVプリンタのように噴射と硬化を何度も繰り返すことなく、画像形成して一気に硬化させるため、高品位な画像を圧倒的な印字スピードで実現します。

FLXfinish

煌びやかなグロスと落ち着いた高級感漂うマット
1台でふたつのフィニッシュを実現する『FLXfinish』テクノロジー

FLXfinish(イメージ) フレックスフィニッシュテクノロジーは、インクを交換することなく、グロス調、マット調の画像をプリントする新しいテクノロジーです。
塩ビはグロス仕上げ、ターポリンはマット仕上げなど、アプリケーションによって使い分けが可能です。
グロス調、マット調のプリントは、インクの硬化タイミングで制御しています。
硬化後のインクの形状が光の反射に影響して、グロス調、マット調の仕上がりの差になります。

FLXfinish(イメージ)

このページのトップへ