MonoStream 500|概要

MonoStream 500

  • 概要
  • 特長
  • 仕様

概要

収益性を考えると、自ずと選ばれる一台がある。

生産財として、どうすればより多くの利益を上げられるか。 突き詰めて考えると、一番の課題はランニングコスト。 そこでたどり着いた答えが、インクジェット方式でした。
また、収益性を追求する一方で、 現在の環境から違和感なく移行できることも重要です。 1,200dpi×1,200dpiの高解像度と80m/分の印刷スピードを実現。 高品質と高生産性を両立しながら既存データを活用するなど 資産の有効活用にもこだわりました。
そして、前後処理機との接続や、ツイン化対応などの拡張性は、 新たな市場における可能性の大きさをも意味しています。
既存ビジネスの効率化のみならず、業務領域の拡大にも一役買える。 それが、MonoStream 500です。

このページのトップへ